投稿日:

血尿があったら早めに専門医へ

トイレが近い頻尿で困ることありませんか?原因は何でしょう。

男性の頻尿には2つ原因があり、1つ目は膀胱が過剰に働きすぎる過活動膀胱と2つ目は男性特有の前立線肥大によるものがあります。

過活動膀胱では、排尿筋が収縮して少しの量の尿しか溜めることができなくなり頻尿になります。前立線肥大は全立肥大で尿道が圧迫されて排尿筋が過敏に反応することで過活動膀胱になります。

この他の頻尿では、心因性の神経性頻尿などがあります。これは膀胱や尿道、前立線肥大症などの機能の原因はみあたりません。

神経性頻尿の起こる原因は緊張する場面で起こることが多く、一過性で特に心配なことはないのですが、仕事や日常の生活で自律神経が乱れ、頻尿の原因になったりします。

頻尿と血尿のある場合は膀胱炎による血尿や尿路結石による血尿などがあります。

膀胱炎かなと思ったら水分をたくさんとって尿を薄め膀胱の中にいる細菌を出すことで治ることもあります。尿による異変を感じたら早めに専門医を受診しましょう。

 

エクレクティックで骨盤底筋が原因の頻尿を改善する

エクレクティックはノコギリヤシの果実の部分を使用したサプリで、前立腺肥大や頻尿や泌尿器の抗菌作用に効果があります。

1日1から3カプセルを目安にして、水かぬるま湯で飲むだけです。頻尿サプリのランキングにランクインされているかはわかりませんが、注目サプリです。

男性の頻尿の原因には骨盤底筋が加齢とともに弱る事で、起こる場合があります。骨盤底筋は鍛える事で、軽い尿漏れであれば改善出来るようになります。

骨盤底筋を鍛える体操を行いながら、サプリを飲むと更に効果が高まります。しかしノコギリヤシだけではなく、他の成分も配合されているサプリを飲むと良いです。

ノコギリヤシが配合されているサプリは、あくまでも即効性はないので補助用として飲むだけにしておきます。効果が実感出来るまでは個人差があるので、体操とサプリを継続して行う事で頻尿が徐々に改善されていきます。

頻尿が改善されるまでは3ヶ月くらいかかる場合もあり、症状が治まっても再発する可能性があります。このため、サプリと体操は継続し続ける必要があります。

 

間質性膀胱炎による頻尿

間質性膀胱炎とは、昼夜を問わずに尿の回数が増える頻尿です。

尿が膀胱に溜まると、圧迫されて少量であっても尿意を感じやすくなる尿意切迫感の症状も出てきます。

排尿通と我慢できない尿意等の症状があり、頻繁にトレイに行きたくなり尿が膀胱に溜まると痛みが強くなり排尿すると痛みが軽くなります。進行していくと、膀胱が委縮をして小さくなってしまいます。

間質性膀胱炎が起こる原因には、女性の場合は子宮の病気である場合が多いです。子宮の病気が原因の場合は、同じような自覚症状が見られるため、間質性膀胱炎だと分からない場合もあります。

間質性膀胱炎の検査で白血球やタンパク質や尿糖等の項目を観て、白血球がおしっこに出てくると間質性膀胱炎になっています。

白血球は免疫力に関係する細胞であり、炎症があると白血球が活動するために尿に混ざるのです。またばい菌がない事も間質性膀胱炎である事で、検尿で発見されなければかかっている可能性が高いです。